化粧品の凹凸形状の定量評価Quantitative Evaluation of Surface Roughness on Cosmetics

化粧品のツヤ・質感・仕上がりは、表面の凹凸形状が大きく寄与します。凹凸量を定量的に比較するには、高さ情報が得られるコンフォーカル顕微鏡や、AFM(原子間力顕微鏡)による測定が有効です。

マスカラの凹凸を測定

異なるメーカーのマスカラをガラスプレートに塗布し、凹凸状態の評価を実施しました。

マスカラの凹凸をコンフォーカル顕微鏡とAFMで測定
試料 コンフォーカル顕微鏡 (μm) AFM (nm)
Ra Rq Rz Ra Rq Rz
A 3.3 6.1 83.0 137 178 378
B 1.6 2.1 33.6 378 523 4051

Ra:算術平均粗さ   Rq:二乗平均粗さ   Rz:最大高さ

コンフォーカル顕微鏡では、試料Aに大きい凹凸が見られ、ラフネス値も大きいですが、AFMでさらに拡大して観察すると、試料Bには局所的な凹凸が見られ、ラフネス値も大きいことが分かります。
コンフォーカル顕微鏡は全体的な傾向を、分解能が高いAFMは局所的なラフネスを数値化できます。

[ 更新日:2022/03/30 ]

分析に関するお問い合わせ

お問い合わせ

よくあるご質問

依頼に関するお問い合わせ

入力フォームはこちらから

電話番号・メールアドレス

トップに戻る