医薬品包装内のにおい分析Evolved Gas Analysis in Packaged Medicine

通常、におい成分の分析は、試料を加熱してにおい成分を揮発させ分析する手法が用いられます。しかし、この方法では感度が十分ではなく、また、室温環境で揮発するにおい成分と異なる可能性があります。
常温でにおい成分を濃縮する手法により、使用環境と同じ成分を高感度で分析できます。

分析フロー

におい分析フロー

事例

  • 市販錠剤を濃縮材を使用した方法でサンプリングし、GC/MSでにおい成分を分析しました。
  • 錠剤を糖衣でコーティングすることにより、薬効成分のにおいがマスクされていることが検証できました。

糖衣 無し

糖衣無しフェノール類6成分分析

※発生量が多くオーバーフローしています

糖衣 有り

糖衣有り添加剤分析

[ 更新日:2022/03/30 ]

分析に関するお問い合わせ

お問い合わせ

よくあるご質問

依頼に関するお問い合わせ

入力フォームはこちらから

電話番号・メールアドレス

トップに戻る