金属表面の印刷層の評価Evaluation of Printed Layer on the Metal Surface

金属表面の印刷層のできばえ評価として、断面加工により金属との接合状態や発色成分の分散状態を観察できます。また、表面からTOF-SIMSのGCIBを用いた深さ方向分析を行うことで、表面コート層から金属までの成分の分布状態や発色成分を確認できます。

断面構造解析

評価試料

表面を青色に印刷した金属

光学顕微鏡像
光学顕微鏡像
断面SEM像
断面SEM像
断面SEM像と元素分布像
断面SEM像と元素分布像

試料に前処理(今回は樹脂埋め込み)を施し、その後、イオンミリング(クライオシステムを使用)で加工した断面をFE-SEMで観察後、EDSで面分析を行うことで、金属表面にめっき層を施した状態で印刷していることが分かりました。

TOF-SIMSによる深さ方向分析

GCIB-TOF-SIMSを用いて、印刷層の深さ方向分析を実施しました。

試料断面構造図
試料断面構造図
TOF-SIMSによる深さ方向分析

表面コート層ではアクリル樹脂、印刷層ではアクリル樹脂とともに青色顔料(フタロシアニンブルー)由来のフラグメントイオンを検出し、各有機層の分子構造情報が得られています。

GCIBの特徴

GCIBスパッタ概略図
GCIBスパッタ概略図
  • イオンビーム1原子当たりのエネルギーが小さいため、有機膜などの深さ方向分析に最適
  • 膜の分子構造情報を反映した高質量数のフラグメントを検出可能

[ 更新日:2022/03/30 ]

分析に関するお問い合わせ

お問い合わせ

よくあるご質問

依頼に関するお問い合わせ

入力フォームはこちらから

電話番号・メールアドレス

トップに戻る