自動車用バンパー塗装膜の断面観察Cross-sectional Observation of Bumper Paint Film for Car

自動車用バンパーの塗装膜は数種類の塗料を用いた多層構造になっています。一般的な機械式研磨加工による断面観察では、添加されている微粒子の脱粒などが発生し、その正しい構造が確認できません。
イオンミリング法(Ar+イオンビーム)を用いて加工することで、脱粒などの微細構造を壊さずに断面構造や元素の分布を確認することができます。

イオンミリング法概要

イオンミリングは、SEMなどの観察用の試料作製に用います。Ar+イオンを試料の加工該当部に照射させてスパッタ効果を用いて加工します。

イオンミリング加工の概略図
イオンミリング加工概略図

SEMによる断面観察

SEMによる断面観察(イオンミリング加工後のSEM像)
イオンミリング加工後のSEM像
SEMによる断面観察(白色層1の拡大SEM像)
白色層1の拡大SEM像
SEMによる断面観察(白色層2、3、4の拡大SEM像)
白色層2、3、4の拡大SEM像

元素分布

SEMによる断面観察(全体(EPMA分析))
SEMによる断面観察(白色層1の細長粒子拡大(SEM-EDS分析))
  • SEM観察により、塗装膜の多層構造および添加微粒子を明瞭に確認できます。
  • 元素分析を併用することで、各添加粒子の分布を明瞭に確認できます。

[ 更新日:2022/03/30 ]

分析に関するお問い合わせ

お問い合わせ

よくあるご質問

依頼に関するお問い合わせ

入力フォームはこちらから

電話番号・メールアドレス

トップに戻る