錠剤内部の密度分布
Density Distributions Inside Tablets

打錠条件によって、錠剤内部に空隙が残る場合や密度分布が変化する場合があります。
3次元X線顕微鏡(X線CT)は空隙の分布や密度の変化を3次元で観察して数値化でき、打錠条件の改善に役立てることができます。

カプレット錠1)内部の空隙を数値化

3次元X線顕微鏡でカプレット錠内部の空隙を可視化
3次元X線顕微鏡でカプレット錠内部の
空隙を可視化

 

内部空隙
0.14mm3、0.04%

3次元X線顕微鏡像(断面)
3次元X線顕微鏡像(断面)

1) 錠剤総容量 400mm3  

錠剤内部の密度分布

任意領域の輝度平均の分布から、密度変化を推測できます。
 一般的に、試料の内側に行くほど輝度が暗くなる『ビームハードニングアーチファクト』が知られていますが、標準偏差の分布から、確かに濃度が変化していることを検証しました。

錠剤内部の密度分布

密度測定領域

密度測定領域

高密度
標準偏差が
小さい

低密度
標準偏差が
大きい

 

PAGE
TOP